換気を重要視する、関西住宅販売の住宅

img_01

換気は人にとって建物にとっても大事なことです。
建物を湿気から守りその寿命を延ばすため、換気は重要な要素なのです。
人にとっては一酸化炭素や二酸化炭素などを室外に排出し、
新鮮な外気を取り入れて室内を快適な状態に保つことが大事です。
関西住宅販売では、
壁体の内部結露を防ぐ外壁通気工法や床下の換気が従来工法の
1.5倍から2倍の能力を発揮するロング基礎パッキン工法を採用。
建物の耐久性を向上させています。

木造住宅の劣化に大きく関わる要因の一つが、
室内から壁面内部に入り込む湿気、そしてそれに伴う結露です。
関西住宅販売では湿気対策として、外壁通気工法を採用しています。
空気が暖まると上昇し、冷えると下降するという対流の性質を利用した後方です。
外壁を2重構造として、軒裏換気口を設けることにより
壁に侵入した湿気や熱気を屋外へスムーズに排出します。

ロング基礎パッキン工法は基礎と土台の間2センチほどの
Joto複合材で構成されたロングタイプパッキンを全周で挟み込んでいく工法です。
コンクリートの水分を木製の土台が吸収しない為、
腐朽を防止できると共に基礎コンクリートに床下換気口を空けないため、
基礎工事部分の強度が損なわれません。
これにより床下の換気が従来工法の1.5倍~2倍の能力を発揮します。
関西住宅販売のこの工法は、
地震が多く高温多湿の日本には最適な方法と言えます。

その他にも関西住宅販売では外壁下地材「タイベックシルバー」があります。
これは夏涼しく冬暖かい住まいを実現する透湿・防水・過熱シートです。

これらの様々な方法により、関西住宅販売の住宅は換気を行っています。
建物を湿気から守り、住む人にとって新鮮な空気を取り入れて快適に過ごせます。